MENU

石綿(アスベスト)対策工事

ASBESTS ABATEMENT CONSTRUCTION

石綿(アスベスト)対策工事

ASBESTOS ABATEMENT CONSTRUCTON

法規制を遵守し
安全を最優先に石綿被害ゼロへ

石綿(アスベスト)は、多種の優れた物性を持ち1910年頃を皮切りに1970年から1990年にかけて毎年約30万トン、2006年に全面輸入の禁止になる迄に1000万トン輸入され、そのうちの約8割が建築資材の原料として使用されたと言われています。
飛散した石綿をある期間吸引することにより、健康被害を招く恐れがあるためファーストビルトでは法規制を遵守することはもとより、近隣周辺(住民・地域環境)への飛散防止と、作業に従事する作業員の安全を最優先とした石綿処理工事の計画、施工の徹底に努めています。

35th

ANNIVERSARY

ファーストビルトは1989年6月16日創業。
多くの企業様に支持され本日を迎えることができました。
法規制を遵守し、今後も成長を続けてまいります。

会社概要を見る

石綿(アスベスト)とは

ABOUT ASBESTOS

一般に石綿(アスベスト)とは、繊維状をした天然の鉱物で細さは約髪の毛5000分の1。その特性から建築資材、電気製品、自動車製品、家庭用品等幅広い用途で使用されてきました。
多種の優れた物性を持ち、他の物質と混ざりやすい石綿は低コストでもあるという点から、日本では「奇跡の鉱物」と称され、1910年頃を皮切りに特に1970年から1990年にかけて毎年約30万トン、2006年に全面輸入の禁止になる迄に1000万トン輸入され、そのうちの約8割が建築資材の原料として使用されたと言われています。

石綿(アスベスト)の物性

  • 耐久性(引っ張り、摩耗、折り曲げ等に強い)
  • 耐熱性
  • 耐薬品性(酸、アルカリ等に強く腐食しにくい)
  • 電気絶縁性(熱、電気を通しにくい)
  • 親和性(密着性にすぐれており、他の物質と混ざりやすい)

石綿(アスベスト)の種類

  • 蛇紋石系
    クリソタイル(白石綿/温石綿)
    ※一般に最も使用されている石綿種です。
  • 角閃石系
    アモサイト(茶石綿)、クロシドライト(青石綿)、
    アンソフィライト(直閃石)、トレモライト(透閃石)、
    アクチノライト(陽起石)

石綿が危険とされる理由

WHY ASBESTOS IS DANGEROUS

さまざまな特性を持つ石綿、その使用が禁止され有害物として取り扱われるようになったのはどうしてでしょうか?
飛散した石綿はその繊維の細さと耐久性が故に、分解されずそのまま空気中に浮遊します。石綿は繊維が集まった塊の状態では問題ありませんが、一本一本にほぐされ「石綿粉じん」となると大気に飛散し危険であるとされています。
飛散した石綿をある期間吸引することにより、健康被害を招く恐れがあるのです。石綿が原因と考えられる疾病には、石綿肺(アスベスト肺)、肺がん、悪性中皮腫等があげられます。
もともと発ガン性物質であるとされていますが、潜伏期間が15年~50年と長い為、その扱いや対応はますます難しくなるばかりです。
日常の生活で石綿を吸い込む事はほとんど無いと思いますが、石綿及び石綿を含有している建築材料が使用されている建物の解体作業、改修工事、取り壊し作業時の飛散が最も危険であるとされるため、これらを行う際は様々な対策と施工管理が必要となります。

石綿含有の可能性がある建築材料と使用部位の例

EXAMPLES OF BUILDING MATERIALS
THAT MAY CONTAIN ASBESTOS AND WHERE THEY ARE USED

石綿(アスベスト)の使用箇所と建築材料の種類を紹介します。

  • 小型廃棄物焼却炉等

    WHERE TO USE

    内装材(壁、天井、吸音断熱材)

    TYPES OF BUILDING MATERIALS

    • スレートボード
    • ケイ酸カルシウム板第一種
    • パーライト板
    • スラグ石こう板
    • 石綿含有ロックウール
    • 吸音天井板
    • 吹付け石綿
    • パルプセメント板
    • 石こうボード
    • ソフト巾木
    • 石綿含有吹付けロックウール
    • 石綿含有ひる石
    • パーライト吹付け
  • 小型廃棄物焼却炉等

    WHERE TO USE

    耐火被覆材

    TYPES OF BUILDING MATERIALS

    • 吹付け石綿
    • 石綿含有耐火被覆板
    • 石綿含有吹付けロックウール
    • ケイ酸カルシウム板第二種
    • パーライト系吹付け材
  • 小型廃棄物焼却炉等

    WHERE TO USE

    外装材(外壁、軒天)

    TYPES OF BUILDING MATERIALS

    • 窯業系サイディング押出成形セメント板
    • スレート波板
    • スレートボード
    • ケイ酸カルシウム板第一種
  • 小型廃棄物焼却炉等

    WHERE TO USE

    屋根材

    TYPES OF BUILDING MATERIALS

    • スレート波板
    • 住宅屋根用化粧スレート
  • 小型廃棄物焼却炉等

    WHERE TO USE

    屋根結露防止材

    TYPES OF BUILDING MATERIALS

    • 石綿フエルト材
  • 小型廃棄物焼却炉等

    WHERE TO USE

    床材

    TYPES OF BUILDING MATERIALS

    • ビニル床タイル
    • フリーアクセスフロア
  • 小型廃棄物焼却炉等

    WHERE TO USE

    煙突材

    TYPES OF BUILDING MATERIALS

    • 石綿セメントライニング材
    • 石綿含有煙突用断熱材

石綿建材のレベルと作業の種別

ASBESTOS BUILDING MATERIAL LEVEL AND TYPE OF WORK

発じん(粉じん飛散)の度合による石綿のレベル区分と、それに対応する作業の種類を紹介します。

レベルと建材種類 建材使用例 発じん(粉じん飛散)の度合と対策 作業方法

Level 1

  • 石綿含有
  • 吹付け材
建物の鉄骨、梁及び柱等に石綿とセメント合剤を吹付けることにより、被膜を形成させ耐火被覆として使用。
建物の機械室、ボイラ室等の天井や壁に石綿とセメント合剤を吹付けることにより、被膜を形成させ吸音・結露防止(断熱)として使用。
発じん性が極めて高く、施工場所の徹底した隔離措置、高濃度の粉じん量に対応した呼吸用保護具・保護衣の適切な使用、その他厳重なばく露防止対策が必要なレベル。
  • 除去作業
  • 封じ込め作業
  • 囲い込み作業

Level 2

  • 石綿含有保温材
  • 石綿含有耐火被覆成形材
  • 石綿含有断熱材
  • ボイラ本体及びその配管、空調ダクト等の保温材に使用。
  • 建物の柱や梁、壁の耐火被覆材の「石綿耐火被覆板」「石綿含有ケイ酸カルシウム板第二種」等に貼り付けて使用。
  • 屋根裏の断熱に使用されている石綿フエルト材、煙突の断熱材に使用。
発じんの可能性が有り、レベル1に準じたばく露防止対策が必要なレベル。
例)切断をしない石綿含有吹付け材の囲い込み作業や、石綿含有保温材・耐火被覆材・断熱材の除去作業
  • 除去作業
  • 封じ込め作業
  • 囲い込み作業

Level 3

  • 成形板等
建物の天井及び壁、床等に使用されているビニル床等
屋根材として使用されている石綿スレート等
発じん性が少ないが、建材の破砕や切断を行う場合に発じんを伴う恐れがあるため、対象物の湿潤作業を原則に行う。
その他状況に応じ呼吸用保護具等の使用が必要なレベル。
  • 除去作業

石綿封じ込め工事

ASBESTOS CONTAINMENT WORK

封じ込め工事とは、吹付け石綿に固化剤(薬剤)を吹付け塗膜を形成・浸透させて固める工法です。表面だけでなく、吹付け箇所内部にまで固化剤を浸透させることで繊維と繊維を強力に結合させることを目的とします。 石綿層がしっかりしており、下地が脱落する危険性の無い箇所に適しています。

封じ込め工事にはアスベスシールという薬剤を使用します。 アスベスシールは石綿繊維の再飛散防止を目的とした薬剤で、下地に対する浸透性に優れており、 残存石綿の固定化及び封じ込め化に威力を発揮します。防・耐火認定(準不燃と特定の耐火構造)を 取得しており、これらが要求される部位へも厚みに関係なく使用することが可能です。

石綿囲い込み工事

ASBESTOS COVERING WORK

囲い込み工事とは、石綿が吹付けられている天井・壁等を、非石綿建材や鉄板等で隙間なく覆う工法のことを言います。通常は、粉じん飛散の恐れがあっても除去や封じ込め工事に困難な場所で、解体ではなく改修工事等で実施されることが多い施工です。脱落する危険性の無い箇所に適しています。

石綿(アスベスト)対策工事の流れ

FLOW OF ASBESTOS REMOVAL CONSTRUCTION

隔離措置をとった作業場内で、薬剤で湿潤させた石綿を工具等で削り(剥がし) 取ります。Level1の吹付け石綿の除去作業をフローと写真でご紹介します。

事前準備

ARRANGEMENTS

  • 各官庁への届出(工事開始14日前迄)
  • 作業前準備 工事お知らせ看板等の掲示、資材及び機材の搬入
  • 関係者以外の立入禁止措置
  • 施工前状況
    天井吹付け材
    天井吹付け材
    施工前梁
    施工前梁
  • 粉じん濃度測定(作業前)

    屋外:施工する建物の敷地境界
    屋内:作業場内
    ※施工する建物の付近や作業場所の浮遊粉じんを測定します。

  • 養生作業(床/壁/開口部/設備養生)
    床養生
    床養生(二重)
    壁養生
    壁養生
  • セキュリティルーム
    作業場内と場外を隔て3つの部屋を設置(1.前室 2.エアシャワー室 3.更衣室)

    出入口
    出入口
    側面
    側面
  • 集じん・排気装置・排気ダクト設置・稼働確認
    集じん・排気装置
    集じん・排気装置
    ダクト排気口設置
    排気ダクト
  • 除去前最終確認
    法定表示看板
    立入禁止措置確認
    保護具前
    保護具装着確認
    保護具右
    保護具装着確認
  • 粉じん飛散防止剤(アストリマー)の散布

    アストリマーは粉じん飛散抑制(防止・固化)剤で、保湿性と付着力に優れており除去時の粉じんの 発生を抑制します。また、除去完了時に原液を吹き付けることにより、粉じんの再飛散を防止します。
    ※建設技術審査証明(建築技術)、BCJ-審査証明-98 「アストリマー工法(除去工法)」指定薬剤

    天井
    天井
    梁

除去作業

REMOVAL WORKS

  • 石綿の除去作業
    粗削り
    粗削り
    ブラッシング
    ブラッシング
  • 粉じん濃度測定(作業中)

    屋外:施工する建物の敷地境界
    屋内:作業場内・セキュリティルーム出入口・集じん・排気装置排気口

  • 除去石綿の二重梱包(「石綿廃棄物」と記載されている専用袋使用)
    袋詰め
    石綿の袋詰め
    一時保管
    一時集積・保管
  • 粉じん飛散防止剤散布
    天井
    天井
    梁
  • 粉じん濃度測定(養生撤去前)

    屋内:作業場内

完了確認

CONFIRMATION

  • 養生撤去・清掃
    清掃
    清掃
    養生撤去
    養生撤去
  • 「特別管理産業廃棄物」業者による収集運搬・埋立処分(管理型)
    産廃運搬
    産廃運搬
    産廃埋立
    産廃埋立
  • 粉じん濃度測定(作業後)

    屋外:施工する建物の敷地境界
    屋内:作業場内

  • 施工後状況
    天井
    天井
    梁
INFORMATION
上記施工手順と内容は当社の一例です。
施工物件の条件、各都道府県及び自治体の条例等に準じ、柔軟に対応いたします。

ファーストビルトでは石綿(アスベスト)除染工事を全国対応致します。
ご相談やご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

お電話でお問い合わせ045-581-0600

月~金曜(祝日除く)9:00~18:00

PAGE
TOP